読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物書きを目指して

小説家を目指しています。ノープランから長編ミステリ小説を書き上げる経過をつづるブログです。

いろいろと練り直しが必要

「意外な犯人」モノのなかで検討しようと前回考えた三つの項目。

・子供が犯人

・死んだと思われていた人が犯人

一人二役の犯人。

上記全てをかけあわせることは可能だろうか?

 

 

自分の作った現在までの設定を元に考えてみよう。

 

Twitterでフォローしていたみずきのアカウントに、ご家族と思われる人物による投稿で、訃報が投稿される。それをみていた優香はショックを受け、ツイートに記載されていた葬儀会場に向かう。しかしそこで行われていた葬儀は、みずきの葬儀ではなく、知らない女の子のものだった。ずっとみずきだと思ってフォローしていたアカウントはみずきのものではなかったのだ。では、実際のみずきは生きているのか?  と考えて、優香はみずきの行方を捜索することに。捜索の結果、かなり昔にみずきが亡くなっていたことをつきとめる優香。では、誰が……。実はみずきを殺したのは、その女の子だった。

 

あれ……、ちょっといい線いってない??

いや、もう一捻りしたい。

 

と思いきや、実際にそのアカウントを動かしていたのは、その女の子の母親だった。しかもその母親とは、ドルヲタつながりで優香とも仲の良かった桜子だった。桜子は優香をわざとおびきだしたのだった。

 

あれ、なんかありじゃないかな。ただこれだと今までに作った設定とだいぶ矛盾してくるな。だいたいこれだと和田くんが出てくる余地がなさそうだし。もうちょっとうまくつなげる必要がある。