読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物書きを目指して

小説家を目指しています。ノープランから長編ミステリ小説を書き上げる経過をつづるブログです。

執筆ツールについて

小説を書くみなさんは、みなさんそれぞれ自分が書きやすい執筆ツールというのを持っていると思うのですが、わたし最近までいろいろそれについて思考錯誤しておりました。

 

わたしに関していうと、がっつり本文の執筆をするときはWindowsのデスクトップPCでWordを起動して縦書きでカタカタ執筆するのが一番快適かなと思うのですが、現段階みたいにいろいろ調べ物をしたりとか、執筆の準備をしている段階では愛用のiPadをキーボード付きで使用しています。ちなみにブログも同じくiPadから更新しています。

 

そこでiPadにもいろいろ執筆向きのアプリというのがあるのでアレコレ試しを繰り返していたんですが、なんと最終的に「あれ?  デフォルトのメモ機能が一番最強じゃね?」という結論に。わたしは9.7inchのiPad Proを使用しているのですが、図とか書くときに手書きで書き込むこともできるし、画面を横で利用することが多いのですが、左側にリスト、右側に本文の画面が表示されるレイアウトが結構便利。

 

最初Wordアプリもいれてみたし、daedalusとかscrivenerとかいろんなアプリも見てみたんですけど、なんか準備の段階では最終的に標準メモ機能が一番便利な感じがしてきました。わたしの計画ではiPadにひたすら必要なプロットとか資料とかをつめこんでいって、最終的にはデスクトップPCの前でiPad開きながら執筆を進めるつもりなので、今はとにかくiPadフル活用で準備を進めていきます。

 

明日はお休み。図書館にいこうかなあ。