読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物書きを目指して

小説家を目指しています。ノープランから長編ミステリ小説を書き上げる経過をつづるブログです。

休日の使い方

わたしの働くスタイルは土日休みじゃなくて、平日に休みがあるタイプのお仕事です。

そういうわけで本日は休日なんですが、この休みの日こそ小説作りにあてられる時間が多いはずなのに、今までのことを言うと、実は休みの日ほど小説にとりかかれていません。むしろ仕事のある日の方が、隙間時間を使ってうまくやれてる感じがする。これはだめですね。

休みの日こそ大幅に前に進めなければいけないのになあ。

スケジュールがないのがいけないんだと思う。

 

仕事の日は、出勤までの朝の時間、出勤中の電車の時間、帰宅中の電車の時間、帰宅後は時間があれば、くらいな感じでうまくスケジュールを切り分けできていて、一回一回はたいした時間じゃないにもかかわらず、うまくやれている感じがする。

それに対して休みの日は、これまでは起きる時間すらコントロールできてなくて、そんなつもりはないのに昼前くらいまで寝てしまったり。

 

一方でほんとうは休みの日にもやりたいことがあるから、お弁当用の常備菜をつくったり、映画を観に行ったり、お買い物に行ったり、とにかく様々な雑事をこなしているうちに休みが終わっちゃう。人と遊びに行く日もあるけど、やっぱりあっというまに休みが終わっちゃう。

たぶん休みの日って、スケジュールが固定じゃないのがやりづらいんだよね。仕事の日は毎日ほとんどタイムスケジュールがかわらないもの。それに対して休みの日は、今日は映画館に行こうとか、今日はお部屋の掃除をしようとか、いろんなことに気を取られちゃう。

どうしたらいいかなあ。

 

あー。そっか。スケジュールをとにかく朝までに立ててしまわないからダメなんだ。

強制的にいつ執筆をするかを決めてしまえばよいのね。

じゃあ、きょうのわたしが夜までにしたいことは……。

・お給料出たから固定資産税とか奨学金返済の支払いを済ませてしまう(郵便局と銀行とコンビニ)

・スーパーでお買い物(オリーブオイル、マスタード、ヨーグルト、シリアル……)

・美容室に行く

・本屋に行く

・衣替え前だからクリーニングにいく

・100円ショップでお買い物(スマホケース、大さじ、お弁当用のしきり……)

・ディスカウントストアでお買い物(姿見の鏡を買いたい

常備菜と今日のご飯をつくる

 

げ、書き出してみないと気づかなかったけど、意外とスケジュールたっぷりじゃん。

どおりで休日って意識しないと小説なんてできないわけだ。

 

じゃあ。

これを書き終えたら着替えて家を出る/銀行に行く/郵便局に行く/コンビニ行く/スーパーに行く/家に帰ってきてお昼ご飯/12時まで小説作り(これまでの時間次第で13時まで)/クリーニングに行く/美容室に行く/ディスカウントストアに行く/100円ショップに行く/本屋に行く/家に帰ってきて小説作り/17時ごろには夕飯と常備菜の用意

 

うん。買い物の荷物の量とお店の場所を考えると、この順番がいいはず。

意外とみっちりだ。こうして考えると休日だからってダラダラできるものでもないのね…

小説作りに割ける時間も限られてることがわかった。

有効活用しなきゃ。

よし!