読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物書きを目指して

小説家を目指しています。ノープランから長編ミステリ小説を書き上げる経過をつづるブログです。

時間の確保

何も決まっていない段階で、すらすら書き始められるわけもないので、最初はその準備をしていこうと思います。

 

わたしにとってまず大事にするべきだと思ったのは、時間のつくりかた。社会人なので週に五日は出勤しなければならないし、家事だってする必要があります。いろいろと考えてみた結果、やはり朝に時間を確保することが正しいと考えるようになりました。

寝る前にパソコンなどの画面を見てしまうと寝つきが悪くなってしまうし、朝の方が様々な誘惑に負けずに挑むことができます。そのために、夜はなるべく9時から10時の間には眠ることを心がけようと決めました。

大事だと思うのは、寝る時間を決めてしまうことで、起きる時間は決めないことです。

目覚ましをかけて起きるより、身体が自然に起きる時刻に合わせて起きるのです。これは今日思いついたことではなくて、実は数ヶ月前から実践していることなのですが、九時ぐらいに寝てしまうと、いくら眠たくとも七時、八時まで寝ているなんてことにはなりません。

たとえば四時ごろに起きれば、六時くらいまでパソコンに向かう時間が取れます。そのあと、食事の準備をします。わたしは朝食を家で’、昼食を会社で、夕食を帰宅の電車(テーブル付きの特急列車)の中で食べるのですが、昼と夜のお弁当まで朝にまとめてつくっています。なので炊事は一日一回で済ませられます。行きの電車には四十分ほど揺られることになりますが、テーブル付きの特急列車に乗っているので、先日購入したiPad Proで文章を書くことができます。

これで一日少なくとも二時間四十分、文章を書くことができます。

いまも実は行きの電車の中。もう少し書けそうなので、もう少し書いてみます。